ニュース
» 2005年12月21日 12時18分 公開

アッカ、GSKのIP-VPNサービスにADSLアクセス回線を提供

アッカは、GSKの企業向けIP-VPNサービス「VECTANTクローズドIPネットワーク」に2006年2月からADSL回線を提供する。

[ITmedia]

 アッカ・ネットワークスは12月21日、グローバルソリューション(GSK)の企業向けIP-VPNサービス「VECTANTクローズドIPネットワーク」に、2006年2月からADSL回線を提供すると発表した。

 GSKは、アクセス回線にNTT東西のBフレッツなどを利用した企業向けのクローズドIPネットワークやインターネットVPNなどの通信サービスを提供しているが、ユーザーの選択肢を広げる目的で、アッカの法人向けADSL12Mサービスの提供も行う。

 アッカの12Mサービスを選択することで、ATM技術を利用したセキュリティの確保と専用線レベルのきめ細やかな保守を受けられるだけでなく、ベストエフォート型のサービスのため廉価にブロードバンドネットワークの構築が可能になるという。

 両社は、IP-VPNサービスへのメインのアクセス回線として販売するだけでなく、既存ユーザーのバックアップ回線としても提案していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ