レビュー
» 2006年03月13日 11時15分 公開

ホワイトペーパー:Lotus Notes/Domino環境におけるコンプライアンス

チームスタジオジャパンの「Teamstudio Asset Audit」と「Teamstudio Security Audit」を使うと、Lotus Notes/Domino環境におけるコンプライアンスを実現できる。

[ITmedia]

 各国で、IT環境のセキュリティ確保のための法律・規制が施行され始めている。企業のドキュメンテーション基盤として広く使われているLotus Notes/Domino環境においても、SOX法や各種規制に対応することが求められている。つまり、Lotus Notes/Dominoアプリケーションのセキュリティを高め、開発時のプロセス管理も維持し、十分な監査を実施しなければならないのである。

 このような要求に応えるのが、チームスタジオジャパンの「Teamstudio Asset Audit」と「Teamstudio Security Audit」だ。Teamstudio Asset AuditはIT資産管理機能を提供し、システム資産の安全性の確保に活用できる。Teamstudio Security Auditはセキュリティ分析機能を提供する。

 ここでは、Lotus Notes/Domino環境でのIT資産管理の進め方と、ツールの活用について解説する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -