ニュース
» 2006年03月15日 07時00分 公開

SAPとMicrosoftの今――協調と競争のリスクを追う (3/5)

[Chris Alliegro,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

アプリケーション接続

 Project用のSDKとBizTalk Server用のアダプタを利用して、開発者はこれらのアプリケーションとSAPのERP製品やCRM製品を接続するソリューションを構築できる。

Project 2003 SDK
 2004年10月にリリースされたこのSDKは、「ソリューションスターター」、コードサンプル、ドキュメントで構成されており、Microsoftのプロジェクト管理クライアント/サーバアプリケーションであるProjectと、ERP、CRMなどの社内システムとを統合するシステムインテグレーターやソリューションプロバイダー向けに提供されている。

 このSDKの最も重要な構成要素の1つであるProject SAP Connectorは、mySAPの人事および財務アプリケーションとProjectの統合をサポートしている。例えば、ユーザーはProjectのタイムシートから実働時間のデータをmySAPの財務アプリケーションにエクスポートできる。このSDKは、開発者がMicrosoftのEnterprise Project Managementソリューション(Project ProfessionalクライアントアプリケーションとProject Serverを含む)を拡張したり、他のシステムと統合する場合に有益とみられる。ただし、現状ではこのSDKの構成要素は、初期作業の土台とサンプルにすぎず、簡単に利用できるソリューションではない。

BizTalk Adapter for SAP
 このアダプタにより、BizTalk ServerはSAP R/3やmySAPとデータを交換できる。このアダプタの主要機能の1つは、SAPのプロプライエタリなデータ形式とスキーマ、例えば、SAPコンポーネント間やSAPコンポーネントと外部システムの間でデータを交換するためのIDoc(Intermediate Document)形式などを、BizTalk Serverと互換性のあるXMLスキーマに変換する機能だ。この機能により、BizTalkはSAPシステムと他のシステムの間のトランザクションを仲介できる。例えば、企業はこのアダプタを使って、SAP R/3 ERPシステムとSAP以外のCRMシステムの間でデータを交換できる。このアダプタを利用することで、こうしたソリューションの開発をスピードアップすることが可能になる。開発者がカスタムSAPアダプタを開発、保守したり、サードパーティーのコンポーネントを別途購入してサポートしたりすることが不要になるためだ。

データベースと関連サービスの相互運用

 SQL ServerをSAPシステムのバックエンドデータストアとして使用することは、MicrosoftとSAPの協業の最も明確で長期的な重点テーマの1つだ。SQL ServerはSAPの顧客の間でデータベースの第1の選択肢となっている(SAPによると、新規導入されているSAPシステムのほぼ半数はSQL Server上で運用されている)。

 Microsoftは、SQL Server ADO.NET Provider for SAPという接続コンポーネントも提供している。これは、SAPシステムでどのようなバックエンドデータベース技術が使われている場合でも、SQL Server 2005のビジネスインテリジェンス(BI)コンポーネントがSAPシステムのデータにアクセスできるようにするものだ。例えば、このプロバイダにより、SQL ServerのETL(抽出、変換、ロード)技術であるIntegration ServicesがSAPデータにアクセスできる。このため、データウェアハウスにデータを供給するIntegration Servicesソリューションで、SAPシステムのデータベースをデータソースの1つにすることができる。また、このプロバイダにより、Microsoftのレポート作成/発行/配布技術であるSQL Server Reporting Servicesは、SAPシステムからデータを取り出し、それらを基にレポートを生成できる。

開発者向けツールの共存

 MicrosoftとSAPは、Microsoftの開発ツールと言語を使ったSAPベースのカスタム開発のサポートを進めてきた。その成果として、前述したSAP PDKに加えてSAP .NET Connectorがある。SAP .NET Connectorでは、開発者は.NETアプリケーション内からSAPシステムの機能を呼び出してSAPデータにアクセスできる(このコネクタはmySAPとR/3の両システムと互換性がある)。Microsoft自身のプラットフォームが、.NET言語で書かれたコードからCOMベースAPIへのアクセスを可能にする場合のように、SAP .NET Connectorは、.NETプログラムとSAPのAPIのやり取りを管理する特別な関数(プロキシクラスと呼ばれる)を作成する。こうした機能により、Visual Studioで作業を行う企業開発者やISV開発者は、SAPシステムへのアクセスや更新を行うアプリケーションの開発を効率化できる。そうしたアプリケーションの一例として、SAPシステムの人事データに基づいて会社の組織図を表示する社内セルフサービスWebアプリケーションが挙げられる。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -