ニュース
» 2006年03月15日 07時00分 公開

SAPとMicrosoftの今――協調と競争のリスクを追う (2/5)

[Chris Alliegro,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

SAPクライアントとして機能するOffice
 MicrosoftとSAPは2005年4月、Officeアプリケーション(主にOutlook)をmySAP ERPシステムのフロントエンドとして利用できるようにする製品を共同開発することを発表した。この製品はMendocinoのコード名で呼ばれている。2006年後半にリリース予定のバージョン1では、OutlookからSAPシステムのデータや機能にアクセスするためのタスクペインと拡張メニューが用意される。

 Mendocinoのバージョン1の機能は、以下の3つの分野に重点が置かれている。

  • 時間管理:MendocinoはOutlookの予定表をSAPの勤務実績管理モジュールにリンクする。
  • 人事(HR)管理:社員の欠勤の承認、人事レポート(昇進、新任、配置転換に際してのものなど)の作成など
  • 予算監視:Outlookに送信されるレポートを利用する

 広く普及したOffice製品をSAPのバックエンドERPスイートへの入り口にするMendocinoにより、Officeをカスタムアプリケーションのプラットフォームとして確立しようとするMicrosoftの取り組みが前進するほか、そうした連携機能がないOracleシステムに対してSAPシステムが一歩優位に立つことになる。さらに、企業はMendocinoにより、多様な部門の社員がSAPシステム上の有益なビジネス情報に、彼らのほとんどにとって使い慣れたクライアントからアクセスできるようにすることができる。

ポータル技術の連携
 2005年初めに発表されたSAP Portal Development Kit(PDK)for .NETは、SAPのNetWeaverのポータル技術を利用したポータルコンポーネント開発を容易にするVisual Studioのアドインだ。このPDKは、Microsoftの.NET FrameworkとC#やVisual Basic .NETなどの言語を使ったNetWeaverポータルコンポーネントの開発をサポートする。SAPにとって、こうしたVisual Studioへのサポート強化は、Microsoftの開発ツールと技術に慣れた多数の企業開発者やISV開発者にとってのNetWeaverポータルプラットフォームの魅力を高めることにつながる。このことはNetWeaverの普及を後押しする可能性がある。

 また、SAPは、開発者がMicrosoft SharePoint Portal Server(SPS)サイトやExchangeメールサーバからのデータをSAP NetWeaverポータルに取り込むのに役立つサンプルやドキュメントも提供している。例えば、開発者はSPSのドキュメントライブラリやExchangeのフォルダを、NetWeaverポータルプラットフォーム上に構築されたナレッジマネジメントサイトに情報ソースとして統合できる。逆に、MicrosoftのSAP iView Web Part Toolkitというツールキットは、(サポートは提供されていないが)開発者や管理者がSPSポータルサイトにSAP iViewを表示することを可能にする。

Microsoft製品とSAP製品の連携ツールおよび技術

ツール、技術 目的 開発元 リリース時期
Mendocino(コード名) mySAP ERPシステム用のOfficeベースクライアント MicrosoftとSAP 2006年後半
SAP Portal Development Kit (PDK) Visual Studioを利用したNetWeaver Portal開発 SAP 2005年1月
Project SAP Connector mySAP HRおよびFinancialsとProject の統合 Microsoft 2004年10月
BizTalk Adapter for SAP BizTalkとSAP ERP製品の間のデータ交換 Microsoft Version 2.0が2004年8月にリリース
ADO.NET Provider for SAP SQL Server Integration ServicesおよびReporting ServicesからSAPデータへのアクセス Microsoft 2005年11月(SQL Server 2005に搭載)
SAP .NET Connector .NETアプリケーションからSAPシステムのデータや機能へのアクセス SAP Version 2.0が2004年8月にリリース
 この表では、Microsoft製品とSAP製品を連携させる主なツールや技術をまとめている。2004年5月の計画発表以来、両社は両社製品間の連携の深さと幅を着実に広げてきた。表中のツールや技術は、SAPシステムのデータと機能へのアクセス性を向上させ、両社のアプリケーションを接続し、カスタムSAPソリューションの開発を容易にする。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -