ニュース
» 2006年03月15日 17時10分 公開

グレープシティ、Visual Studio 2005対応のC++統合コンポーネントを発売

グレープシティは、Visual Studio 2005やGNU gccなどの各種コンパイラに対応したC++言語ライブラリを4月12日から販売開始する。

[ITmedia]

 グレープシティは、Visual Studio 2005やGNU gccなどに対応したC++言語ライブラリの新バージョン「SourcePro C++ Edition 9」を4月12日から販売開始する。

 SourcePro C++は、データベース処理やネットワーク処理、科学計算やビジネス分析など多岐にわたる機能を持つC++言語用ライブラリ。2005年8月に「Apache C++ Standard Library」としてオープンソース化された標準C++ライブラリを搭載し、Visual Studio 2005などの幅広い開発環境で利用できる。

 SourcePro C++は、基礎ライブラリとなるSourcePro Core、再利用性の高いデータベースライブラリのSourcePro DB、主要プロトコルをサポートしたネットワークライブラリのSourcePro Net、そして科学計算とビジネス分析を実現するライブラリのSourcePro Analysisという4つのコンポーネント群から構成される。

 対応するC++のコンパイラはVS 2005(Visual C++ 8.0)やGNU gcc、Sun Studioなど。対応DBはOracle、DB2、SQL Server、MySQLなどとなっている。価格はオープン価格。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -