ニュース
» 2006年03月31日 14時25分 公開

システム・テクノロジー・アイ、職業能力評価基準に対応したiStudy用スキル診断サービス

システム・テクノロジー・アイは、職業能力評価基準に対応するスキル診断サービス「iStudy Skills for 職業能力評価基準」を3月31日より販売開始した。職業能力評価基準のうち、まず事務系職種に対応する。

[ITmedia]

 システム・テクノロジー・アイは、厚生労働省が推進する「職業能力評価基準」に対応するスキル診断サービス「iStudy Skills for 職業能力評価基準」を3月31日より販売開始した。

 職業能力評価基準は、企業や団体において、労働者が期待される仕事上の成果につながる行動と、そのために必要な技能や知識を職務別に記述したもの。人事、労務や経理、財務、営業、マーケティングなどの事務系職種と、電機、ホテル、自動車製造といった業種別での能力評価基準があり、厚生労働省および中央職業能力開発協会が2002年より策定を行っている。

 iStudy Skills for 職業能力評価基準では、最初に事務系職種に対応したスキル診断から提供を始め、業種別職業能力評価基準に対応するスキル診断については順次提供される予定。

 iStudy Skills for 職業能力評価基準は、eラーニングサーバ「iStudy Enterprise Server(iES)」「iStudy Enterprise License」のオプションとして提供される。価格は、の場合、iESでの無制限オプションで1ユーザー年間6000円、ユーザー無制限オプションで年間40万円(税別)。同社では、すでにITスキル標準(ITSS)および組み込みスキル標準(ETSS)に対応したスキル診断サービスを提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -