ニュース
» 2006年04月06日 07時00分 公開

新参入の開発市場に残したVisual Studioの課題――完成するTeam System (1/2)

Visual Studio Team SystemのサーバコンポーネントTeam Foundation Serverが米国で遂にリリースされた。これでMicrosoft初のアプリケーションライフサイクル製品が完成したことになるが、特にDSI構想に向けては課題も多く残されている。

[Greg DeMichillie,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Team Foundation Serverの完成で、MicrosoftのVisual Studio Team Systemのすべてのコンポーネントが出揃った。Team Systemは、開発者、テスター、ソフトウェアアーキテクトがより効率的にコラボレーションを進められるように、ソースコード管理、ワークアイテムトラッキング、ソフトウェアモデリング、テスト機能などを提供する支援ツールセットである。Team Systemのクライアントコンポーネントは、2005年11月にリリースされたVisual Studioのいくつかの専用エディションに搭載されているが、サーバコンポーネントについては提供までにその後4カ月を要した。このTeam Foundation Serverがリリースされるまでは、β版を使用しなければTeam Systemの機能を利用できなかった。

Team Systemの基幹「Team Foundation Server」

 Team Foundation Serverは、ソフトウェアアーキテクト、開発者、テスターがチームを組んで共同作業を行うにあたり、プロジェクトの計画と遂行、進捗管理作業を支援するMicrosoftのVisual Studio Team Systemのバックボーンとなる。Team Systemは、SQL Server 2005データベース、ASP.NET 2.0ベースの中間層アプリケーション、そして一連のクライアントアプリケーションの3層で構成される。クライアントアプリケーションには、職務別のVisual Studio開発環境の各エディション、Microsoft ExcelおよびProject、BorlandやCompuWareなどサードパーティが提供するツールを利用できる。

VSTSのコラボレーション機能

 Team Systemは、通常のソフトウェア開発プロジェクトにおいて実施される、以下のような重要な作業の支援機能を備える。

  • ソースコード管理 開発チーム全体でプロジェクトに対する変更を調整できる。
  • ワークアイテム管理 開発者、テスター、プロジェクトマネージャーが、バグをはじめ注意を払う必要があるアイテムについて、プロジェクトの状態を追跡できる。
  • レポート プロジェクトマネージャーや他のチームメンバーが、プロジェクトのさまざまな統計情報(ある一定の期間内で変更されたコードの行数、バグの登録率、バグの修正率など)を確認できる。

 また、各種開発手法、つまり各プロジェクトに合わせてソフトウェアプロジェクトの開発方法および管理方法を定義したルールを適用することもできる。Team Systemでは、Microsoftが定義した2種類の開発手法(極めて厳格なプロセス用と、やや規制の緩い対話型のプロセス用)をサポートするほか、ユーザーやサードパーティが独自の開発手法を定義できる拡張プラットフォームも提供する。また、開発手法をまったく適用せずに、開発を進めることもできる。

課題を残したモデリング機能

 Team Systemは、通常開発者が使用するコア開発機能をサポートするというだけでなく、Microsoftのアプリケーションライフサイクルツール市場への参入を実現した記念すべき製品となる。アプリケーションライフサイクルツールは、ソフトウェア開発プロジェクトの心臓部である"編集−コンパイル−デバッグ"のサイクルにとどまらず、アプリケーションアーキテクチャの選定といった開発初期の意思決定支援から、導入および保守といった後期段階まで、包括的にチーム開発を支援する。

 特にTeam Systemでは、WebアプリケーションおよびWebサービス開発向けに、初期の設計段階および保守段階の両方を支援するモデリング機能を提供している。このモデリング機能には、次のものが含まれる。

  • アプリケーションデザイナ アプリケーションを構築し、適切なコードを自動的に生成できるグラフィカルツールとASP.NET Webサービスなどのアプリケーションブロックを提供する。
  • システムデザイナ 個々のアプリケーションを組み合わせ、アプリケーション間の連携方法を定義し、アプリケーションを配置する際にどのアプリケーションを組み合わせる必要があるかを判断できる。
  • 論理データセンターデザイナ データセンターにおけるサーバの種類(境界Webサーバ、イントラネットWebサーバなど)と各サーバの構成を定義する。
  • 配置デザイナ システムデザイナおよび論理データセンターデザイナの情報を分析し、ソフトウェアの配置時に問題になる可能性のある点を洗い出す。
       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ