ニュース
» 2006年06月02日 15時44分 公開

仮想化環境に対応したTivoliのリソース追跡ソフト

「Tivoli Usage and Accounting Manager」はリソースの使用を追跡してそれに応じて課金できるWebベースのツール。仮想化技術の採用を促進するとIBMは主張する。

[Jeffrey Burt,eWEEK]
eWEEK

 米IBMは分散仮想化環境で誰がリソースを使っているのかをより分かりやすくする製品を投入する。

 「Tivoli Usage and Accounting Manager」は、リソースの使用を追跡し、それに応じて課金できるWebベースツール。

 このソフトは仮想化技術の採用を促進すると、IBMのシステム部門仮想化戦略プログラムディレクター、ピート・マキャフリー氏は語る。

 「これは仮想化の広範な採用を抑制する主な要因の1つだった。利用とコストの追跡ができないために、企業は採用をためらっていた」(同氏)

 共有環境では、ユーザーやグループのリソース使用を監視し、それに対して課金することが重要な問題となっていると同氏。

 「従来、この機能はメインフレーム環境の製品で提供されてきた。今回の製品で新しいのは、分散環境と仮想化環境のサポートレベルだ」(同氏)

 IBMの技術者は、公共事業者が電気やガスなどの利用を監視、測定、課金する方法を元にこのソフトを開発した。

 このソフトにより、管理者は個人あるいはグループの仮想サーバ、ストレージ、ネットワーク、ソフト、ミドルウェア、電子メールの使用レベルに基づいて測定、課金できる。

 さらに、使用量に基づいてリソースの置き場所を決めたり、利用傾向報告書を提供できる。

 このような機能はホスティング企業にとって重要だ。これら企業はリソース使用を正確に追跡して、それに応じて顧客に課金しなくてはならない。

 さらに、仮想化はこうした企業がハードと電力のコストを減らし、リソースの柔軟性を高める手助けをする役割も果たせるとマキャフリー氏。

 従来の共有環境では、管理者が課金を正確なものにするために、どの社員や部門がどのリソースを使っているかを確認することが重要だと同氏は言う。

 このソフトはIBMが1月のCIMS Labs買収により取得した技術を基にしている。

 このソフトのx86版およびメインフレーム版は即時提供開始される。IBMのSystem pサーバ版は9月にリリースされるという。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -