ニュース
» 2006年06月20日 11時45分 公開

シンクライアントの真価を問う:環境や目的ごとに見る導入検討ポイント (1/2)

一口にシンクライアントシステムといっても、さまざまな方式があることは紹介したとおりだ。ネットワーク環境や利用ソフトウェアなどの条件ごとに、それぞれ適切な方式を考察してみよう。

[宮本久仁男,ITmedia]

本記事の関連コンテンツは、オンライン・ムック「シンクライアントの真価を問う」でご覧になれます。



 ここまでの話で、シンクライアントの活用が可能なケースと不向きなケースが、ぼんやりとではあるが見えてきた人もいるのではないだろうか。そして、実現方式の違いによる向き不向きもだんだん見えてきたと思う。

 それでは、具体的に「どのような利用条件でどんな方式が選択可能か」を考えてみよう。ここでは利用条件を大きく「ネットワーク環境」と「利用するソフトウェアの環境」に分けて考えてみたい。

環境や用途ごとに見る最適な方式

・Case1:LAN環境に接続された端末をシンクライアントに置き換えたい

 LAN環境であれば、基本的にはどの方式を選択してもよい。ただし、ユーザーの利用環境によってはシンクライアント化が難しいケースもある。

 デジタルカメラなどさまざまな周辺機器を使うケースであれば、ネットワークブート型のシンクライアントソリューションが考えられる。端末は既存のPC(ただしディスクレスのもの)を用いるなどして自由度を高めつつ、エンドポイントでのポート/デバイス利用を制御する別のソリューションを用いて「指定された以外の機器」に関する接続制限をかけるのが適切だろう。

・Case2:WAN経由でも使う環境をシンクライアントに置き換えたい

 WAN経由で使うという条件が加わった時点で、ネットワークブート型のものは候補から外れる。というのも、ネットワーク経由でのOSブートは、ネットワーク帯域が広いことを前提としているからだ。ブート後のデータアクセスもネットワーク経由で行うため、起動後も相応のトラフィックが発生する。

 このようなケースであれば、画面転送型もしくはAPIトラップ型を採用するのがベターである。

 最近では地方でもADSLや光ファイバ接続が普及しており、WAN回線の速度も高速になっている。そのような環境であれば、画面転送型もしくはAPIトラップ型のいずれの製品を使ってもよいだろう。ただし、FOMAやPHSによるモバイル接続も考えるのであれば、画面転送型の中でも帯域を節約できる製品(Citrix Presentation Serverなど)やAPIトラップ型の製品を用いるなどしたほうがよいだろう。

・Case3:レガシーなアプリケーションも使いたい

 ここで言う「レガシーなアプリケーション」とは、1台のコンピュータで1つのプログラムだけが動作することを想定しているアプリケーションと考えてほしい。つまり、複数のユーザーによる同時利用は前提としないアプリケーションだ。このようなアプリケーションを使う場合には、Windowsターミナルサービス(WTS)など、1つのOS環境を共同利用する方式では動作保証が困難になる。

 したがってこのような場合は、ブレードPC型の方式を用いるのがベターだろう。アプリケーション側から見れば、単一のPCの上で自分(=プログラム)が1つだけ動いてるようにしか見えないので、本質的に問題は生じない。そのほか、1つのOSを共同利用するタイプのシンクライアントソリューションでも、Citrixの「Citrix Presentation Server 4.0」(CPS)のように、仮想的にユーザー環境を独立させるような機能を持った製品で対応可能なケースもある。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -