ニュース
» 2006年07月04日 12時50分 公開

岩崎通信、「VoIP認定技術者資格制度」に参加

岩崎通信機は、IPTPCRの「VoIP認定技術者資格制度」に参加することで合意したと発表した。

[ITmedia]

 岩崎通信機は7月4日、沖電気工業、NEC、日立製作所の3社が共同運営する「IP電話普及推進センタ」(IPTPCR)の「IPTPC VoIP認定技術者資格制度」に参加することで合意したと発表した。

 岩崎通信機では、社内や販売ネットワークでのVoIP技術教育の受講、資格の取得を積極的に推進し、IP電話に携わる営業やシステムエンジニアなどのスキルアップを図る。

 IPTPCは2002年に沖電気が設立し、現在では沖電気、NEC、日立の3社がIP電話の本格普及に向け、システム構築を実現する知識や技能を持った技術者の育成サポートを行っている。2003年1月から、IPTPC VoIP認定技術者資格制度を開始しており、資格認定を通じた最新のVoIP技術の教育サービスを提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -