ニュース
» 2006年07月05日 23時24分 公開

マウンテンビューデータ、PowerCockpitでWindowsのプロビジョニングを可能に

マウンテンビューデータは、「PowerCockpit」の機能追加オプションモジュールとして、Windowsのプロビジョニングを実現する「Windowsデプロイメントオプション」を販売開始した。

[ITmedia]

 マウンテンビューデータは7月5日、システムのリカバリやプロビジョニングを行うソフトウェア「PowerCockpit」の機能追加オプションモジュールとして、Windowsのプロビジョニングを実現する「Windowsデプロイメントオプション」を販売開始した。

 これにより、従来はLinux環境でのみ可能だったシステムのリカバリやプロビジョニングがLinux/Windowsの混在環境においても可能となる。対応OSはWindows2000/XP/2003。なお、同社のWebサイトで製品と同等の機能を利用可能な評価版が提供されている。

 価格は10万円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -