ニュース
» 2006年07月18日 16時01分 公開

NTTデータと日本HP、レガシーマイグレーションで協業

NTTデータと日本HPは、メインフレームからHP製ハードウェアをベースとしたオープンシステム環境へ「マイグレーション事業」に関して協業する。

[ITmedia]

 NTTデータと日本ヒューレット・パッカードは7月18日、メインフレームなどの大規模基幹システムで動作していたアプリケーションを、HP製ハードウェアをベースとしたオープンシステム環境へ移行する「マイグレーション事業」に関して協業することを発表した。

 今回の協業は、いまだに多くの日本企業で稼働しているメインフレーム環境から、「HP Integrity サーバ」や「HP NonStopサーバ」などをプラットフォームとしたオープン環境への移行支援を目的としたもの。NTTデータの大規模基幹システムの構築実績とマイグレーション方法論などに、日本HPのIT基盤を組み合わせることで、オープンシステムへの迅速かつ効率的な移行を支援するという。

 両社はレガシーマイグレーション事業として、大規模基幹システムのオープンシステムへの移行プロセス全般をサポートするサービスメニューを提供する。

 具体的には、既存アプリケーションを部分的に棚卸しし、オープンシステム化後の構成や費用概算を示すアセスメントサービス「システム・マイグレーション事前調査サービス」、現行システムの資産状況を分析、把握してプログラムの移行性や保守性を分析する「システム棚卸し評価サービス」、移行先システム基盤の選定や移行方針、新規機能の追加要件なども含め、システム移行全体の検討を行う「システムマイグレーション・コンサルティングサービス」という3つのメニューが用意される。

 また、NTTデータが開発したマイグレーション方法論やツールに対し、HP製ハードウェアに特化した機能拡張やカスタマイズを共同で実施。HP製ハードウェアに最適化された移行ツールを提供していく。

 両社は今回の協業を通じて、メインフレームからのマイグレーション事業を強化し、3年間で100億円の受注獲得を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -