ニュース
» 2006年07月24日 15時10分 公開

PM-Globalとマイクロソフト、ITガバナンスとプロジェクトマネジメントを支援

PM-Globalとマイクロソフトは、ITガバナンスの構築支援で協業したと発表した。「Microsoft Office Project Server 2003」を基盤に、プロジェクトごとのリアルタイムなROI分析を可能にする。

[ITmedia]

 PM-Globalとマイクロソフトは7月24日、ITガバナンスの構築支援で協業したと発表した。「Microsoft Office Project Server 2003」(Project Server)を基盤に、ITガバナンスの構築のために有効なプロジェクトごとのリアルタイムのROI分析を可能にする。

 PM-Globalは、Project Serverの導入のコンサルティングのほか、Project Server上のプロジェクト情報を有効活用するための各種フレームワークとツールを統合させた「バーチャルプログラムセンター」(VPC)を提供する。VPCは、企業全体レベルでのビジネスインテリジェンスを可能にするもので、組織の中のすべてのプロジェクトに関して最適なプランニングマネジメントに対応するという。

PM Globalとマイクロソフトの協業構想 PM Globalとマイクロソフトの協業構想

 納期やコストが不明確になりがちな組織横断的ITプロジェクトにおけるリスクをサーバ上で一元管理できるようにすることで、リアルタイムな進捗把握やROIを管理できる経営層の意思決定を支援する環境を構築するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -