ニュース
» 2006年07月24日 18時16分 公開

着信課金広告をポッドキャストに

ユニバーサルコンツェルンは、着信課金型広告をポッドキャストに配信する広告配信サイト「UNIVERSAL Pod Call」を8月中旬より試験運用開始する。

[ITmedia]

 ユニバーサルコンツェルンは、同社が運営する「UNIVERSAL Podcast」のサービスの一環として、着信課金型広告(以下、ペイパーコール)をポッドキャストにシームレス配信するサービスの予定を明らかにした。このサービスは、ポッドキャストオーナーに向けたもの。

 また、このサービスに付随した広告配信サイト「UNIVERSAL Pod Call」の開設を予定しており、日本にて8月中旬より試験的に運用開始し、9月18日には正式リリースすると発表した。

 ペイパーコールとは、成果報酬型やクリック報酬型と異なり、ネット広告を見たユーザーから、広告に表示された電話番号への着信件数に応じて広告料金を支払うアフィリエイト広告のこと。

 UNIVERSAL Pod Callは、ポッドキャストオーナーが、番組内に挿入したいペイパーコールをサイト内から自由に選択し、広告主の承認が得られればアフィリエイト収入も実現するというもの。配信デバイスはiPodなどの携帯デジタルプレイヤーのほか、PC、ケータイなどとなっている。

 選択されたペイパーコールは、音声または静止画ファイルとしてサイト内にアップされ、該当ファイルをダウンロードして編集ソフトで簡単に挿入することが可能になっているという。なお、動画対応は2006年内を予定している。サイト内のペイパーコールリストには、ジャンル、スポンサー名、コール単価、掲載期間などが表示されており、カテゴリ検索を使用することで求めるジャンルのペイパーコール選択が可能。リスナーに対する訴求効果が期待できるとしている。

 現在、同社ではペイパーコール提供元である複数の広告代理店と業務提携に向けて交渉を行っており、まず日本でのリリースを行う。その後、1年以内に米国、中国などへのサービス提供も視野に入れているという。また、年内に提供予定のペイパーコール配信の自動化により、ロングテール化となるビジネスモデルの実現を目指すという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -