ニュース
» 2006年09月12日 07時00分 公開

VistaでHD DVDを見るには――提供されない再生ソフトウェア(2/2 ページ)

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版
前のページへ 1|2       

 VistaにHD DVD再生ソフトウェアが実装されないというのは、標準のDVDサポートの対応と同じであると言える。つまり、Windows XP PCで標準のDVDを再生するには、サードパーティが提供するWindows Media Playerプラグインまたはスタンドアロンのプレーヤーを利用する必要がある。

 実際には、DVDドライブメーカーが必要なソフトウェアをバンドルするか、OEMがDVDドライブ搭載マシンには再生ソフトを追加でインストールしているため、Windows XPがDVD再生ソフトウェアを提供していないことで影響を受けているユーザーはほとんどいない。HD DVDの場合もこれと同じ形に落ち着くだろう。同様に、同社は現時点ではBlu-rayのサポートをまったく考えていないが、OEMがBlu-rayドライブを搭載したPCを販売する場合は、まず間違いなくOEMがBlu-rayディスクの再生に必要なソフトウェアをすべて用意することになるだろう。

32ビットと64ビットでの対応は同じ

 2006年8月の一部報道に反するが、Windows VistaでのHD DVDまたはBlu-rayディスクの対応について、32ビット版と64ビット版での違いはないようだ。

 Vistaでは、システム上にある非署名のドライバの一覧が公開される。HD DVDやBlu-rayのプラグインおよびプレーヤー製品を含めサードパーティのソフトウェアは、この非署名のドライバの一覧を使用して、高精細ビデオコンテンツの再生が有効であるかどうかを特定できる。例えば、映画制作会社が非署名のビデオカードドライバのあるVista PCでは、高精細ディスクの再生を禁止するようにしたり、ISVがこのような制限を適用するソフトウェアアプリケーションを開発することが可能だ。

 64ビットプロセッサと64ビットWindowsクライアントが提供されたタイミングから、64ビット版ドライバの方が32ビット版より通常は新しく、64ビット版ドライバの場合は署名されていないとVistaでは読み込まれず、使用できなくなっている。一方従来の32ビット版ドライバは、たいていは非署名だ。

 この違いを踏まえ、ISVはコンテンツ所有者の資産を保護するために、32ビット版のVistaシステムでは、高精細ディスクが再生されないようにすることも考えられる。ただし、これまでのところこのような計画は発表されていない。また、高精細ディスクの利用者規模を制限することになり、新規格立ち上げの足場固めの時期にあっては、危険な動きである。

前のページへ 1|2       

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

注目のテーマ