ニュース
» 2006年11月13日 21時16分 公開

住友電工情報システムとNRI、オープンソースを活用した環境設計済みのパッケージを共同展開

住友電工情報システムと野村総合研究所は、オープンソースのアプリケーション開発生産性を高めるソリューションを共同展開する。

[ITmedia]

 住友電工情報システムと野村総合研究所は11月13日、オープンソースソフトウェア(OSS)によるアプリケーション開発の生産性を高めることを目的としたソリューションを共同展開すると発表した。

 提携の第一弾として、住友電工情報システムのJava開発フレームワーク「楽々FrameworkII」と野村総研のOSSサポートサービス「OpenStandia」を一体化させた環境設計済みのパッケージを2007年1月に発売する。

 このパッケージは、OpenStandiaがサポートするApache、Tomcat、PostgreSQLなどのOSSと楽々FrameworkIIの組み合わせを検証し、動作確認などの環境設計を済ませたもの。インストール時にミドルウェアからフレームワーク、サンプルアプリケーションまでのパラメーターを一括して設定でき、環境構築後もチューニング作業やシステムインフラの環境構築の作業を省力化して、システム全体の開発を効率的に進められる。

 従来は、OSSを利用して業務アプリケーションを開発すると、開発者自身がアプリケーションの開発フレームワークや個々のオープンソースの検証、設定変更などの作業を行う必要があった。

 このソリューションを導入することでコスト削減を図りながら、アプリケーション開発の生産性を向上させ、品質の高いシステムを開発できるようになるという。また、JBoss Application ServerやStrutsを基本構成に加えた拡張パッケージも発売される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -