ニュース
» 2006年11月14日 18時52分 公開

Javaマスコット「Duke」もオープンソースに

[ITmedia]

 SunがJavaをGPLの下でオープンソース化すると発表したのに合わせて、Javaのマスコット「Duke」もオープンソース化された。ただし、ライセンスはGPLではなくBSDだ。

 オープンソース化により、ファンはDukeの画像に手を加えたり、自分のWebサイトで利用したり、商業利用することもできる。

 Dukeはもともとジョー・パルラング氏がSunのGreen Projectの「エージェント」として作り出したもの。Javaが最初に発表されたときに、そのマスコットになった。同じ頃に、Javaのコーヒーカップのロゴも発注されたという。

Sunが提供するDukeの3Dモデル

 Sunは「われわれが求めるのは、われわれと同じ敬意を持ってDukeを扱ってくれることだけだ」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -