ニュース
» 2007年04月04日 15時47分 公開

日本HP、医療機関向けソリューションに本腰

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、医療機関向けの統合的なIT技術による支援を目指し、医療情報へのアクセス改善やプロセスの効率化を実現するソリューションを提供することを発表した。

 具体的な取り組みとして、医療機関での効率的なシステム活用を実現するための3つのソリューションを展開。また、医療機関向けの営業、技術者で構成する医療機関専門の組織の立ち上げや、医療画像や診察記録などの医療関連文書などを高いセキュリティ環境の下で効率的に管理運用できるストレージ製品「HP StorageWorks Medical Archive Solution」を販売開始する。

提供するソリューションは、以下の3つ。

1.「HP DHI・院内インフラソリューション」

  医療現場のシステムが複数のシステムで別々に構成されている現状を、共通のITシステム「Digital Hospital Infrastructure(DHI)」を構築することで、効率的かつ柔軟な環境へ移行できるようパートナーと協力してソリューションを提供。

2.「医療機関向け情報ライフサイクル管理」

  急増する医療画像データ、ITシステムを利用した高度な医療活動、部門横断での情報共有の難しさといった、現在の医療機関を取りまく環境の変化、抱える問題に対し、ILM(Information Lifecycle Management)の観点からソリューションを提供。増え続ける医療画像データの保存や管理などの課題を解消し、データへのアクセスが容易になることで、過去の情報を踏まえた治療も可能に。また、診療情報などの個人情報を高いセキュリティ環境で運用管理できる。

3.「HP(Patient Safety)RFIDソリューション」

  RFIDのテクノロジーを医療現場で活用することで、「患者管理」「患者追跡」「医療機器管理」「消費管理」を実現、患者の安全を効果的・効率的に維持できる体制を構築する。

 前記のソリューション提供を可能にする医療画像および診察記録などの医療関連文書保管専用のストレージ製品「HP StorageWorks Medical Archive Solution」はDICOM、CIFS、NFSをサポートし、オープンなインタフェースを提供。これにより、さまざまなアプリケーションからのアクセスが可能となる。価格は1350万円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -