ニュース
» 2007年04月04日 15時58分 公開

マイクロソフト、Windows Live各種サービスを学校独自ドメインで無償利用できる「Windows Live @edu」を開始

[ITmedia]

 マイクロソフトは、学校独自のドメインでWindows Live各種サービスが無償で利用できる「Windows Live@edu」を大学・専門学校など向けに提供開始する。これにより、Windows Live メッセンジャーやWindows Live スペースなどのサービスを学校、在学生、卒業生、教職員などが利用できることで学校関連情報のタイムリーな提供・入手やコミュニケーションの向上が可能になるとともに、メールシステム管理の負荷が軽減される。Windows Live@eduは、すでに欧米などで展開しており、現在15カ国200校以上で採用され、約400万人の学生が活用している。

 「Windows Live@edu」では、ユーザーはインターネットの環境があれば学内外問わず、学校のアカウントを利用できる。さらに、卒業生に対しても新規メールシステムの導入や既存のシステムの拡張をすることなくサービスを提供でき、継続的に関係を築くことが可能。また、メール以外でもWindows Liveの各種サービスが 同アカウントを使用して無償で利用できるため、学生間や学生と教職員のコミュニケーション向上が図れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -