ニュース
» 2007年04月23日 13時07分 公開

日本HPとアルバ、無線LANセキュリティで協業

日本HPとアルバネットワークスは、無線LANのアクセス管理と検疫システムで協業する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードとアルバネットワークスは4月23日、無線LANのセキュリティおよびネットワークアクセスで協業すると発表した。

 2社では、アルバの無線LANアクセスポイント(AP)「アルバ AP」や複数の無線LANのAPを集中管理する「アルバモビリティ・コントローラー」と、日本HPの認証・検疫ソリューション「HP Quarantine System」との連携サービスを展開するという。

 これにより、企業ではモバイル環境からのアクセスに対して、無線や有線を問わず、ユーザー単位に応じたアクセスコントロールや検疫システムを一体化して利用できるようになる。今後、2社ではシステムの共同検証や双方の販売チャネルを通じたプロモーション、製品供給などを行っていくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -