ニュース
» 2007年07月06日 20時05分 公開

数Tバイトを一瞬で巡回――アクセラテクノロジがインデクシング高速化オプションを発表

アクセラテクノロジは、エンタープライズサーチのインデックス更新を高速化する「Accela BizSearch インデクシング高速化オプション NTFS用」を販売する。

[藤村能光,ITmedia]

 アクセラテクノロジは7月6日、エンタープライズサーチのインデックス更新を高速化する「イベント型インデクシング技術」を開発し、同社の法人向け検索システム「Accela BizSearch」のオプションとして「Accela BizSearch インデクシング高速化オプション NTFS用」の製品化を発表した。同日より販売開始。

 通常のエンタープライズサーチのクローリング(巡回)は、複数のファイルサーバ上に蓄積されたすべてのデータのタイムスタンプを調べ、前回の更新以降に更新されたファイルを探し出す方法を取る。しかしこの方法では、データの総容量が大きくなるにつれて検索時間は遅くなるため、クローリング専用のサーバを複数配置して対応することが多い。数Tバイトにおよぶストレージ管理は、企業にとって負担となる。

 新開発の「イベント型インデクシング技術」は、ファイルの作成や削除、名称の変更など、ネットワーク上を流れる情報(パケット)の変化を感知し、自動でインデックスを更新するもの。データ更新数のみを把握するため、ストレージの総容量には影響を受けず、インデクシングに必要な時間を一定に保てるのが特徴。同社によると、インデックス更新時間が1000倍以上短縮したケースもあるという。

image 新技術では、データの容量に関係なくインデクシング時間を一定に保つことが可能

 同社代表取締役社長の進藤達也氏は「検索時間短縮の要望は昨年から強かったが、クローリングのためにサーバを増やすのは現実的ではないという意見がほとんどだった。同技術によるファイルのクローリング時間は限りなく0に近い」と説明した。

image 「この技術を使ったエンタープライズサーチ製品はまだ見当たらない」と進藤氏

 同オプションの対象ファイルサーバは、各社NAS製品、Linux Samba、Windows 2000 Server、Windows Server 2003、Windows NT。今後は3年間で300ライセンスの販売を目指す。価格は以下の通り。

Accela BizSearch インデクシング高速化オプション NTFS用の価格
データ容量 価格(税抜)
1Tバイトまで 500万円
5Tバイトまで 750万円
20Tバイトまで 1000万円
データ容量無制限 2000万円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -