ニュース
» 2007年07月25日 20時55分 公開

アズジェント、レイヤ2での高速暗号化が可能なアプライアンス

アズジェントは、イーサネット暗号化アプライアンス「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」の販売を開始した。

[ITmedia]

 アズジェントは7月25日、日本セーフネットと代理店販売契約を結び、イーサネット暗号化アプライアンス「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」(Ethernet Encryptor)の販売を開始した。

画像 イーサフレームを暗号化するSafeEnterprise Ethernet Encryptor

 VPNなどのセキュアネットワークの構築には一般にIPの暗号化プロトコルであるIPsecが用いられるが、VoIPデータなどのショートパケットの送信時にオーバーヘッドが発生し、遅延の原因になりやすいという問題がある。また、SNA、IPXなどIP以外のプロトコルを利用するネットワークでは当然利用できない。

 Ethernet Encryptorではレイヤ2でイーサネットフレームを暗号化するため、レイヤ3のプロトコルに依存せずに、セキュアな広域イーサネットネットワークが構築できる。暗号化には256ビットAESを使用。パフォーマンス面では、100Mbps、1Gbpsの全二重ワイヤレートでのAES暗号化処理が可能。

 また、Javaベースの管理用ソフト「SafeEnterprise Security Management Center」により、SNMPベースの機器管理や監視のほか、セキュリティポリシー定義を行える。

 本体は10Mbps/100Mbps/1Gbps対応の3モデルを用意。価格は、1年間の保守費用を含めて173万8000円から。Security Management Centerは78万円から。

関連キーワード

アプライアンス | 暗号化 | SNMP | VPN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -