24時間体制のセキュリティ対策を取ってもコストは削減できるホワイトペーパー

セキュリティ脅威に対しては、常時セキュリティ状況を監視し、不審なイベントがあれば確認する必要がある。しかし社内でセキュリティ対策を取ろうとすると、運用コストはかなりのものになる。

» 2007年08月22日 10時19分 公開
[ITmedia]

 セキュリティ脅威は、24時間体制で監視する必要がある。最新のセキュリティソリューションを使えばある程度の自動化が可能だが、社内の人員割り当てや機器の導入など、運用コストは相当なものになる。

 しかし、そこでアウトソーシングサービスを活用すれば、セキュリティ対策の運用コストを抑えることができる。例えば、社外のセキュリティ専門の要員を対策に充てられるため、社内の人的コストを削減できる。ほかに、セキュリティ対策に最新のハードウェアやソフトウェアを利用できることもメリットといえる。

 このホワイトペーパーでは、セキュリティデバイスや不正アクセスの監視・管理の必要性を解説するとともに、ベリサインの提供する24時間365日体制のセキュリティアウトソーシングサービスを紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR