レビュー
» 2007年08月28日 10時17分 公開

ミクシィが採用した1Gbps広帯域専用線サービスの魅力ホワイトペーパー

ミクシィは、コストがかかるといわれる広帯域専用線を導入した。その決断に至った理由とは何か。低コストと高信頼性を同時に実現する1Gbpsの広帯域専用線サービスについて、ミクシィの導入事例を基に紹介する。

[ITmedia]

 アクセス数やマルチメディアコンテンツが多いサイトでは、サービスレベルの維持が最優先課題だ。広帯域の専用線を使用するのが適当だが、専用線の多くは数百万円(月額)ものコストがかかる。

 SNSや転職情報サイトなどを展開しているミクシィは、そのコストを軽減するため、ある光ファイバ専用線を採用した。低コストに加えて、信頼性の高さや強固なセキュリティなどのメリットから、そのサービスを選択したという。

 ここでは、USENの提供する1Gbpsの広帯域専用線サービス「光プライベイトアクセス」の魅力と概要を、動画で視聴できる。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ