ニュース
» 2007年08月30日 08時54分 公開

SAP、2010年までにインド市場に10億ドルを投資

SAPのインド市場における顧客は、過去1年間で1000社から2000社へと倍増したという。

[ITmedia]

 独SAPは8月28日、インド市場における顧客数が、2006年8月時点での1000社から、現在は2000社まで倍増したことを明らかにした。また2006年に発表した通り、2010年までに同市場に10億ドルを投資する計画を再確認した。

 SAPは1998年、インドのバンガロールにグローバルな開発・サービス拠点であり、サービスハブでもあるSAP Labsを設立。ドイツ国外では最大規模を誇る。2006年にはグルガオンにサービスセンターを開設、インドはSAPにとって重要な拠点となっている。

 また同社は同日、インドのITサービス企業Wiproとの提携拡大を発表した。合意の下、WiproはSAPのグローバルサービスパートナーとなり、バンガロールでのSAPのソリューションラボ開設に協力する。またSAP支援の共同マーケティングや戦略プランニングへの資金投入を増やすとしている。

関連キーワード

SAP | インド


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ