ニュース
» 2007年08月31日 12時55分 公開

EMEA地域でRuby on RailsとC#の利用が拡大

Evans Dataの調査によれば、欧州や中東、アフリカ地域の開発者の間でMicrosoftのC#言語の利用が拡大しているという。

[Darryl K. Taft,eWEEK]
eWEEK

 EMEA(欧州、中東、アフリカ)地域の開発者の間で、MicrosoftのC#言語の利用が拡大している――Evans Dataの最近の調査でこのような状況が明らかになった。

 カリフォルニア州サンタクルーズに本社を置くEvans Dataの調査によると、C#を利用している開発者の数がこの1年間で40%増加した。2006年には、少しの時間でもC#を使っている開発者の割合は25.1%だったのに対し、今年はその数字が34.9%に上昇した。また、大半の時間でC#を使用している開発者の割合も9.4%から13.2%へと40%の増加を見せたとしている。

 さらに、調査に回答したEMEA地域の開発者の半数以上は、WebサービスのためのプラットフォームとしてMicrosoftの.NETを好んでいる。これは、2006年と比べるとわずかな増加だという。

 「Microsoftが、ECMA(以前はEuropean Computer Manufacturers Association:ヨーロッパコンピュータ工業会と呼ばれていた)にC#をいち早く承認させたのは賢明だった。そのことが、欧州での同言語の普及と同社の市場シェアの強化につながった」とEvans Dataのジョン・アンドリュースCEOは述べている。「加えて、.NETも同地域に本格的な進出を果たした。もちろんC#は、.NETの中心となるCLI(Common Language Infrastructure)に最もよく対応している言語だ」。

 また、EMEA地域の開発者の65%は、AJAX(Asynchronous JavaScript and XML)を開発プロジェクトで利用しているか、その予定であり、開発者の40%は、ビジネスプロセスとデータをレガシーのホストシステムから新しいアプリケーションに拡張する作業を進めていると答えた。

 一方、カリフォルニア州サンタバーバラにあるELC Technologiesの創業者であるジョナサン・シーゲル氏によると、欧州でも開発プラットフォームのRuby on Railsの普及が拡大する見込みだという。同氏は9月にドイツで開催される「RailsConf Berlin」で基調講演を行う。

 シーゲル氏によると、ELCは世界最大のRuby on Rails専門の開発チームを抱えているという。欧州が企業向けRubyアプリケーション開発における次の大きな市場になると同氏はみている。「ELCでも数カ月後に欧州本部を設立する予定だ」と同氏は話す。

 ELCは、Ruby on Railsを利用して、Sun Microsystems、Cisco、McKinsey、LiveNation、Media Trustなどの企業にエンタープライズ/Web 2.0アプリケーションを配備した広範なノウハウを持っている。シーゲル氏は、Rubyで構築したWeb 2.0サイトとして「NASCAR.com」や「FunnyorDie.com」などを挙げており、これらのサイトには1日当たり何百万件ものアクセスがあるという。現在、欧州の企業各社はこういったレベルのパフォーマンスとアドバンテージを求めている、と同氏は語る。

 さらにシーゲル氏によると、重要な業務アプリケーションでのRuby on Railsへの需要拡大は、Railsの開発そのものにも影響を及ぼしているという。

 「ELC Technologiesでは、当社が顧客向けに開発・配備したアプリケーションの数々の成功事例を通じて、この状況を目の当たりにしている。Ruby on Railsは、.NETとJavaに代わる環境から、既存の.NETあるいはJavaインフラ上にシームレスに配備される統合的プラットフォームへと移行しつつある。既存の.NET/Javaライブラリとノウハウを活用できることは、商用フレームワークとしてのRuby on Railsの成熟度を示す重要なマイルストーンである」(同氏)

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -