SMB向けソフトウェアベンダーの米Ipswitchが日本進出

「WS_FTP」などのソフトウェアをリリースしている米Ipswitchは、日本法人を設立、事業を開始したことを明らかにした。

» 2007年09月11日 16時23分 公開
[ITmedia]

 「Ipswitch WS_FTP Professional」「Ipswitch WhatsUp Gold」「Ipswitch IMail Server」といったソフトウェアを提供する米Ipswitchは9月11日、日本法人を設立、事業を開始した。併せて、日本での販売代理パートナーとしてソフトバンクBB、アイエスエフネット(ISFnet)と提携したことも明らかにした。

 日本法人の設立に併せて投入された新製品は、FTPクライアントソフトウェア「Ipswitch WS_FTP Professional」、Windows環境下でのネットワーク監視ツール「Ipswitch WhatsUp Gold」、ファイル転送および管理サーバソフトウェア「WS_FTP Server 6」および「WS_FTP Server 6 with SSH」など。

 製品は256ビットAESを採用しセキュリティを高めたほか、SHA-256/SHA-512などのセキュアハッシュを用いたファイル完全性チェックなど、セキュリティ面での機能拡張が図られている。

関連キーワード

ネットワーク監視 | サーバ | SMB


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR