ニュース
» 2007年09月12日 17時14分 公開

NECとNECエンジニアリング、業界標準プロトコル対応の「無線温湿度センサーシステム」を発売

NECとNECエンジニアリングは、ISO標準規格であるプロトコルに対応した「無線温湿度センサーシステム」を発売した。

[ITmedia]

 NECとNECエンジニアリングは9月12日、ISO標準規格であるプロトコル「BACnet/IP」に準拠した「無線温湿度センサーシステム」を発売した。価格は90万円から。

 同製品は、7センチ四方の小型無線センサー、アンテナ装置、そしてBACnetゲートウェイから構成される。無線センサーをオフィスや店舗などの壁に取り付けることで、各センサーが温湿度を計測。そのデータをアンテナ装置に送信し、BACnetゲートウェイを経由して、空調管理などのビルオートメーションシステムと連携するという。

 無線センサーの電源は、内蔵された単3アルカリ電池で供給するため、設置場所の制約がなく、局地的な温度調節ができるため、全体消費エネルギーやCO2の削減につながるという。

「無線温湿度センサーシステム」 「無線温湿度センサーシステム」の構成イメージ。同社ホームページから

 なお、アンテナ装置とBACnetゲートウェイは最大50メートル、無線センサーとアンテナ装置は最大70メートル離して設置することができる。また、アンテナ装置1台につき、20台の無線センサーが接続可能であるという。

 これまでも無線温湿度センサーシステムは存在していた。しかし、メーカー独自のプロトコルを使用していたため、ビルオートメーションシステムとデータ通信する際に、別途専用ソフトウェアを開発する必要があったという。

関連キーワード

NEC(日本電気)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ