ニュース
» 2007年09月27日 11時19分 公開

DCSとNRIセキュア、情報セキュリティ分野で協業

DCSとNRIセキュアは、情報セキュリティ分野での協業を発表した。まずは、NRIセキュアのセキュリティ診断サービスを提供する。

[ITmedia]

 三菱総研DCS(DCS)とNRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア)は9月27日、情報セキュリティ分野での協業を発表した。まずは、DCSの顧客に向けてNRIセキュアのセキュリティ診断サービスを提供する。セキュリティ診断は、DCSとNRIセキュアのコンサルタントが実施する。

 今回提供を開始するのは、NRIセキュアが従来提供するセキュリティ診断の中の3カテゴリ。ネットワークやシステム基盤などの安全性を診断する「プラットフォーム診断」、Webサイトで使用されるアプリケーションや認証方式などの安全性を診断する「Webアプリケーション診断」、SQLインジェクションによる被害の拡大防止や、内部統制強化などの観点から、セキュリティを総合的に診断する「データベース診断」である。

 データベース診断では精度向上のために、DCSが販売する英NGSのデータベースアセスメントソフトウェア「NGSSQuirreL」を活用するケースもあるという。

 両社は、今後もセキュリティ分野で協力していく方針。

関連キーワード

データベース | コンサルタント


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ