ニュース
» 2007年11月06日 13時13分 公開

レッドハット、「Red Hat Ready ISV パートナープログラム」を発表

レッドハットは、ISVを対象とした新しいサポートプログラム「Red Hat Ready ISV パートナープログラム」の提供を開始した。

[ITmedia]

 レッドハットは11月6日、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)を対象とした新しいサポートプログラム「Red Hat Ready ISV パートナープログラム」を同日から提供することを発表した。

 2007年に入って、大手システムインテグレーター向けに「Red Hat Advanced Business Partner」を、中小規模のシステムインテグレーターやソフトウェア販売会社向けに「Red Hat Ready Business Partner」といった販売パートナープログラムの提供を開始した同社。

 本日発表されたのは、ISV各社に対し、テクニカルセンターでの検証環境の提供および技術支援、定期的な技術セミナーの開催を通じて、「Red Hat Enterprise Linux」対応の業務・業種アプリケーションの開発を支援するためのもので、上記販売パートナープログラムとは連携する形となる。同プログラムは無償での提供となる。

 発表の肝となるのは、この発表に合わせて同社内に新設されたテクニカルセンターの存在。これまでのISVパートナープログラムでは、評価用サブスクリプションの提供が中心だったが、今回は同センターのハードウェアを用いた動作検証やポーティング作業のほか、レッドハットのプリセールスエンジニアから、技術サポートを受けられるなどの技術支援も加わった。

 また、技術情報を学ぶためのセミナー開催(第1回を12月7日に予定)や、eラーニングコースの提供も予定する。

関連キーワード

Red Hat | Linux


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -