ニュース
» 2007年11月14日 09時01分 公開

欧州委員会、通信市場改革を宣言――新監督機関設立へ

欧州委員会が、新たな通信監督機関設立を含む、欧州通信市場の改革案を打ち出した。

[ITmedia]

 欧州連合(EU)の欧州委員会は11月13日、市場の競争を促進し、より安価で良質な通信サービスを提供するための欧州の通信市場改革案を提起した。改革の対象には携帯電話、ブロードバンドインターネット接続、CATVなど、すべての通信サービスが含まれる。

 委員会は改革の柱として、以下の6つを掲げている。

  • 消費者の権利の強化
  • 事業者間の競争促進、消費者の選択肢の拡大
  • ワイヤレスブロードバンドサービスの無線周波数の自由化による新たな通信インフラへの投資促進
  • 域内各国の通信監督機関の中立性を高め、特定通信事業者や政府の影響を受けないようにする
  • EU主体で規制緩和され、既に競争が始まっている市場の監督
  • 通信ネットワークの信頼性と安全性、特にウイルスやサイバー攻撃への対抗策の強化

 また欧州委員会と各国の通信監督機関をサポートする、新たな欧州通信市場監督機関の設立も検討しているという。EU加盟27カ国において、事業者の公平な競争を確保し、消費者を守るのが同機関の役割となる。無線周波数管理も同機関に委託する。

 ECによる通信改革案が順調に認可プロセスを進めば、2010年には法制化の見通しという。

関連キーワード

EU


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -