ニュース
» 2007年11月28日 08時46分 公開

Verizon、他社の携帯機器やソフトを受け付けるオープン方式を採用

Verizonが、自社のネットワークを他社製の携帯デバイスやアプリケーションに開放する。

[ITmedia]

 米大手携帯キャリアのVerizon Wirelessは11月27日、他社が提供する携帯電話やアプリケーションを同社のワイヤレスネットワーク上で使用可能にするオープン方式を採用すると発表した。米国内の同社の全ネットワークを対象に、2008年末までに実施する。

 Verizonは2008年初めに、同社のワイヤレスネットワークに対応する製品の設計に必要な技術規格を公開する。この規格を満たす携帯機器はVerizonのネットワークで使用可能になるという。Verizonは自社のラボで各製品を検証し、認可する。またユーザーは、認可された携帯機器で動作するアプリケーションを自由に選ぶことができる。

 VerizonはGoogle主催のオープンアライアンスOHA(Open Handset Alliance)には参加していない。

関連キーワード

Verizon | Android | キャリア


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -