ニュース
» 2007年12月19日 17時17分 公開

IBM、ソーシャルネットワーク可視化「Atlas」をリリース

新たな関係仮想化ツールの提供を通して、IBMがエンタープライズソーシャルネットワーキング分野への進出を加速させている。

[Clint Boulton,eWEEK]
eWEEK

 エンタープライズソーシャルネットワーキングツール開発における市場リーダーの座を目指すIBMが、ソーシャルネットワーキング仮想化および分析ツールの最新セットを企業向けにリリースした。

 IBMの「Atlas for Lotus Connections」は、任意の事柄に詳しい重要な専門家を探すのに役立ち、彼らの関係を把握可能にする。また、ほかのユーザーの知人にも連絡が取れるという。

 ユーザー同士がつながり合い、コミュニケーションを図り、協働する手段として、企業がソーシャルネットワーキングツールを多用する傾向が強まる中で、Atlasは発表された。IBMの関係者は、12月18日にニューヨークの同社本社で開催された「Made in IBM CIO Virtual Labs Day」で、同ソフトウェアのデモンストレーションを行っている。

 IBMのLotus Connections上級製品マネージャーであるクリス・ラム氏は、イベントの前にeWEEKのインタビューに応じ、同製品は、時とともに蓄積されたソーシャルネットワークデータの統合がもたらす価値を追求するため、IBM Researchが4年にわたり力を入れてきた開発プロジェクトの結晶だと説明した。

 同スイートは、「Net」「My Net」「Find」「Reach」という4つのコンポーネントから構成されており、複数のグループ間のつながりや関係を図示することで、個人および会社のネットワークをより効果的に運用できるようにする。

 「Net」コンポーネントは、特定のトピックに関わる人々の中心地点や、同類のプロジェクトを遂行する中で形成された非公式なグループをグラフィック化して表示するものだ。

 ユーザーは「Net」を利用して、グループ内に存在するコミュニケーションギャップやボトルネックを把握することができる。これは、企業合併によって新たに社に加わったスタッフを探す際に、きわめて有用な機能だ。

 「My Net」は、ユーザー個人のネットワークに対応したNetであると言える。例えば、営業やマーケティングに携わる社員が、自分たちのソーシャルネットワークを理解し、運用して、契約を締結に持ち込むといった使い方などが考えられる。

 「Reach」はAtlasのソーシャルダッシュボード機能であり、自分と同僚の間に存在する隔たりを6段階で示すことができる。ある分野の専門家とコンタクトするための最短経路を割り出し、ネットワーク上で可能になるコミュニケーションのレベルに応じて、その専門家をランク付けする機能だ。

 「Find」は、その名の通り検索ツールだが、コーポレートディレクトリを超えた範囲を対象とし、検索結果に指揮系統やブログ、コミュニティーといったソーシャルデータに基づく情報までを含めることができる。

 ユーザーは「Find」を用いて、居場所、組織形態、隔たりの程度などを基準に、検索条件をカスタマイズできるという。こうした検索結果は、当該の専門家に付けられたコラボレーションランクをベースに並べ替えられている。

 Atlasは始めから、IBMの「Lotus Connections」ソーシャルソフトウェアプラットフォームと連係できるように作られている。IBMは2007年1月22日、プロファイルやブログ、ブックマークなどのツールによって企業界のコミュニケーション向上を図ろうと、同製品をリリースしていた。Atlasは同製品のアドオンサービスで、価格はエンタープライズインストールの規模に応じて変わってくる。

 Burton Groupのアナリスト、マイク・ゴッタ氏はeWEEKに対し、「非常にすぐれたエンドユーザー向けの『ソーシャル生産性』ツールだ。エンタープライズソフトウェアは『セクシー』であるべきだという昨今の論調を踏まえるに、同アドオンはLotus Connections全般の魅力を高めるのにも貢献するだろう」と語った。「組織内に新しく友を作り、彼らとの絆を深めて何かを成し遂げられるのは、エンドユーザーにとって大きなメリットだ」(ゴッタ氏)

 なおIBMは、Lotus Connectionsの最新版であるバージョン1.02の提供を開始したことも明らかにした。新版には、REST(Representational State Transfer)およびAtom標準に準拠したAPIが搭載されており、ほかのアプリケーションでLotus Connectionsサービスが利用できるようになっている。

 このほかにも、「Lotus Notes」「Lotus Sametime」「Microsoft Office」「Microsoft Explorer」「IBM WebSphere Portal」用のプラグインが実装され、「SUSE Linux」オペレーティングシステム、Mozillaの「Firefox 2.0」ブラウザ、Microsoftの「Active Directory」のサポートが追加された。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -