ニュース
» 2009年01月07日 00時00分 公開

自己修復型のデータセンター自動化ソフト「cfengine 3.0」がリリース

自己修復エンジンを持つオープンソースのデータセンター管理ソフトウェアが発表された。大規模なインフラやクラウドコンピューティングリソースを管理できる新言語を採用している。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 ノルウェーCfengineはノルウェー時間の1月2日、オープンソースのデータセンター管理ソフトウェア「cfengine 3.0」をリリースした。独自理論を土台とした自己修復機能を特徴とする。同社Webサイトからダウンロードできる。

 cfengineは1990年代から利用されているデータセンター管理ソフトウェア。ベースラインとなるシステムの状態をあらかじめ定義しておくことで、各ホストのOSやdaemonなどをエージェントを介して期待する状態へと自動で遷移させることが可能。これにより、人間の手を介さずにホストを保守・管理できるという。オスロ大学で研究・開発が進められており、2008年に開発・サポート企業が立ち上がった。

 最新版の主な特徴は、ナレッジマネジメントの統合と新言語。ナレッジマネジメントでは、ISO標準「Topic Maps」ベースのナレッジマネジメントエンジンを搭載、これによりデータセンターの運用管理に戦略的な判断を反映しやすくなるという。また、新たに開発言語を一新、シンプルなシンタックスと高度なパターン記述機能を持つ言語で開発したことで、大規模インフラや次世代のクラウドコンピューティングリソースにも対応する。

 このほか、あらゆる環境に適合するパターンマッチングと設計機能、自動カプセル化による前バージョンからの段階的なアップデートなどの機能が加わった。

 Cfengineによると、年内に機能を拡充したエンタープライズ版を発表する予定という。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -