ニュース
» 2009年01月29日 06時15分 公開

最大2000人の同時接続:ソニックウォール、大規模ネットワーク向けSSL VPNアプライアンス発売

ソニックウォールは、最大同時接続2000ユーザーまでに対応したSSL VPNアプライアンス「SonicWALL SRA」を発売した。

[ITmedia]

 ソニックウォールは、最大2000ユーザーまでの同時接続に対応したSSL VPNアプライアンス「SonicWALL Aventail E-Class Secure Remote Access」(SRA)シリーズを発売した。

 新製品では、リモートアクセスするPCなどのセキュリティ対策状況を検査する検疫機能を搭載。パッチ未適用などのポリシーに準拠しない場合に接続をキャンセルし、対策実施をユーザーに求めることができる。

EX-7000

 また管理者機能を改善し、トラブルシューティングや管理コンソールを使用したポリシーの設定を容易にした。ユーザー情報などの可視化やフィルタリング、分析が可能で、ユーザー単位での詳細なアクセス権限の設定や管理などができるという。

 このほか、VascoやRSA、Active Directory、LDAP、RADIUS、ACE認証とワンタイムパスワードによる二要素認証もサポートした。

 製品ラインアップは、最大2000ユーザーまでが同時接続にできる「EX-7000」、同250ユーザーまでの「EX-6000」、同50ユーザーまでの「EX-750」の3機種。販売は丸紅情報システムズが行う。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -