ニュース
» 2019年01月15日 16時00分 公開

“データレスPC”で重要データを扱うPCのセキュリティを強化――ジャパンネット銀行、横河レンタ・リースの「Flex Work Place Passage」を導入

ジャパンネット銀行は、クライアント環境のセキュリティ強化を目的に、横河レンタ・リースのデータレスPCソリューション「Flex Work Place Passage」を導入。重要なファイルでもクラウド上にデータがあることを意識することなく、PCで扱えるようになった。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 ジャパンネット銀行は、クライアントPCのセキュリティ対策として、横河レンタ・リースのデータレスPCソリューション「Flex Work Place Passage」(以下、Passage)を導入した。

 Passageは、Active Directory環境のクライアントPCに専用アプリケーションを導入することで、ファイルサーバ上のファイルを自分のデスクトップ上にあるものと同様に扱えるようになるソリューション。社内外の場所を問わず、いつでも同じ環境で、安全にデータを利用できるようになる。

Photo 「Flex Work Place Passage」によるクライアント環境の運用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -