ニュース
» 2019年01月23日 07時00分 公開

デジタコとビーコンでトレーラを管理 貨物トレーサビリティーや動態管理を効率化――富士通、幸楽輸送らが共同実証

富士通傘下の富士通交通・道路データサービスは、トランストロン、幸楽輸送と共同で、富士通製デジタルタコグラフとビーコンを活用した「トレーラ管理サービス」の実証実験を開始。中継輸送における貨物トレーサビリティーや運行の効率化、トレーラの整備効率化などを検証する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 富士通交通・道路データサービスは2019年1月21日、運行記録計(デジタルタコグラフ、デジタコ)、ビーコン、ドライバー用スマートフォンアプリを用いて、トレーラの所在や荷物の運搬状態をクラウド上で管理する仕組みを構築し、「トレーラ管理サービス」としての有効性を検証する実証実験を開始したと発表した。

Photo 「トレーラ管理サービス」の構成

 実証実験は、富士通製のネットワーク型デジタルタコグラフを製造・販売するトランストロンと、北海道を拠点とする輸送事業者の幸楽輸送と共同で実施する。幸楽輸送は、以前より富士通製デジタルタコグラフを利用した車両管理を行っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -