ニュース
» 2019年03月12日 11時00分 公開

“生活の足”にスマホ予約OKのオンデマンド型乗合タクシー――第一交通と富士通が共同提供

第一交通と富士通は、公共交通手段の確保が困難な地域向けに、電話やスマホアプリで予約ができる「オンデマンド型乗合タクシー」を開始。予約や配車管理に富士通の「SPATIOWLオンデマンド交通サービス」を活用。利用者と送迎可能な車両を自動マッチングし、配車管理を効率化する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 第一交通産業(第一交通)と富士通は2019年3月8日、地域公共交通の活性化を担う新しいモビリティーサービスの提供に向け、協業を開始したと発表。第一弾として、過疎化や高齢化などで公共交通手段の確保が困難な地域において、スマホアプリで乗り合いタクシーの乗車予約ができる「オンデマンド型乗合タクシー」サービスの提供を2019年3月より開始する。

 第一交通は、交通空白(不便)地域での移動困難者の外出支援策として、46市町村144路線(2019年2月現在)で「おでかけ乗合タクシー」を展開。自治体や国の補助制度を利用し、利用者は100円〜300円程度の運賃で乗車できる。

Photo オンデマンド型乗合タクシーの予約画面イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -