ニュース
» 2019年02月07日 07時00分 公開

カメラ映像のAI解析で、自動走行車の安全走行と地域住民の見守りを支援する技術――OKI、関西電力らが実証実験へ

沖電気工業、関西電力、日本総合研究所は、兵庫県神戸市北区で、屋外カメラの映像とAIを活用して、交差点における自動走行車の安全でスムーズな走行を支援する技術と、路上でうずくまる人などを検知して地域の見守りを支援する技術の実証実験を開始する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 沖電気工業(OKI)、関西電力、日本総合研究所(日本総研)は2019年2月5日、兵庫県神戸市北区で、屋外カメラの映像をAIで解析し、自動走行車の運転支援と地域の見守りに活用する実証実験を開始すると発表した。

 実証実験は、兵庫県神戸市北区の筑紫が丘、広陵町、小倉台、桜森町で、2019年2月6日〜28日の期間で実施する予定。交差点にある関西電力の電柱に屋外カメラを設置し、この映像を活用する。

 自動走行車の運転支援技術としては、交差点などの死角から飛び出す車両などをカメラ映像で検知するシステムを検証する。

Photo 交差点での自動走行車の安全走行を支援する技術の実証実験のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -