ニュース
» 2019年03月20日 08時00分 公開

現金もカードも不要に? レストランで“顔パス決済”へ――NECが実証実験

NECは、同社のグループ社員向けの施設内で、顔認証によるクレジットカード決済の実証実験を開始。事前に顔画像とクレジットカードを連携させておくことで、飲食代の支払いを“顔パス”で済ますことができる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2019年3月18日、生体認証による決済の社会実装に向けた取り組みの一環として、クレジットカードと連動した顔認証決済サービスの実証実験を開始した。同社のグループ社員向けの福利厚生施設「NEC芝倶楽部」で、2019年4月19日までの予定で実施する。

Photo 顔認証決済サービスの利用イメージ

 実証実験では、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術である顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用し、NEC芝倶楽部の飲食サービスを利用する同社グループ社員を対象に、手ぶらで代金支払いが可能なキャッシュレス決済の仕組みを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -