ニュース
» 2019年04月15日 11時30分 公開

目指せアミューズメント施設運営のデジタル変革、セガが基幹業務プラットフォームを刷新

セガは、会計管理や販売管理、倉庫管理、物流管理に向けた新基幹業務プラットフォームをインフォアジャパンのERP「Infor LN」で構築し、2020年の夏ころに本稼働させる。新規ビジネスへの対応と業務の効率化促進が目的。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 インフォアジャパンは2019年4月12日、セガ エンタテインメント(以下、セガ)がInforの製造業向けERP「Infor LN」を採用したと発表した。新規ビジネスへの対応と業務の効率化促進が目的だという。

 アミューズメント施設を運営するセガは、常に最新技術を活用した新たな取り組みを続けている。例えば近年では、電子マネー決済と連動した公式アプリ「SEGA プラトン」の試験サービスを開始した。

 同社は、こうした新たな取り組みに対して社員が集中できるよう業務の効率化を進めているが、これまで利用してきた基幹業務システムの扱いが課題になっていたという。同システムは、アミューズメントビジネス向けにフルスクラッチで開発したもので、拡張性が乏しい。効率化に向けて業務フローを見直そうとしても対応できず、旧式のシステムを使わざるを得なかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -