ニュース
» 2019年04月16日 08時00分 公開

農協で午後8時にPCを強制シャットダウン――JAいなば、長時間労働抑止と職員の意識改革へ

JAいなばは、長時間労働の抑止に向け、富士通エフサスの「TIME CREATOR」を導入。PCの利用状況を管理して、勤務時間外の利用を抑止するとともに、職員の時間意識の改革による生産性向上を推進する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

Photo JAいなばでの「FUJITSU Software TIME CREATOR」の利用イメージ

 富士通エフサスは2019年4月11日、富山県のいなば農業協同組合(以下、JAいなば)に、「FUJITSU Software TIME CREATOR」を導入したと発表した。

 TIME CREATORは、勤務時間外のPC利用抑止や、PCの操作ログ取得による勤務状況の可視化、分析ができるソフトウェア。勤務時間外を知らせるポップアップ通知から、PCの強制シャットダウンまで、柔軟なPCの利用抑止を実現できる。

 働き方改革を推進しているJAいなばでは、これまでに行ってきた窓口開設時間の短縮や終礼の実施に加え、新たな取り組みの一環として、今回、時間外労働の抑止に向けてTIME CREATORを導入。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -