速報
» 2019年04月23日 11時30分 公開

WannaCryを阻止した「英雄」、別のマルウェア関与で罪状を認める

ランサムウェア「WannaCry」を阻止した英雄として称賛されながら、一転、別のマルウェアに関与した罪で起訴された英国人研究者が、司法取引に応じて罪状を認めた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 世界中で猛威を振るったランサムウェア(身代金要求型マルウェア)「WannaCry」を阻止した英雄として称賛されながら、一転、別のマルウェアに関与した罪で起訴された英国人研究者が、司法取引の一環として罪状を認めた。

photo

 WannaCryは2017年5月に世界中で拡散し、病院や企業などで感染被害が相次いだ。その拡散を阻止する「キルスイッチ」を発見したとして称賛されたのが、英国人研究者のマーカス・ハッチンズ被告だった。

 ところが同年8月、ハッチンズ被告は別のマルウェアに関与したとして米連邦捜査局(FBI)に逮捕され、米国で起訴された。2012年7月〜2016年9月にかけ、別の人物と共謀して、マルウェア「UPAS-Kit」および「Kronos」の作成や宣伝販売に関与したという罪だった。

 司法取引について記載した米ウィスコンシン州東部地区連邦地裁の書面によれば、同被告は4月19日、10件の罪状のうち、マルウェアの作成や共謀などに関する2件の罪状を認めた。

photo 米ウィスコンシン州東部地区連邦地裁の書面によれば、ハッチンズ被告には2件の罪状について、それぞれ5年以下の禁錮刑、25万ドル以下の罰金、執行猶予1年、追徴金100ドルが課される可能性がある

 Kronosなどのマルウェアは、オンラインフォーラムを通じて販売され、銀行情報を盗み出すなどの目的で使われていた。しかし、Kronosを売って得た利益の配分などを巡ってハッチンズ被告は共謀相手の人物に対して不信感を募らせ、不満を漏らしていたとされる。そうしたやりとりをFBIが傍受した。

 ハッチンズ被告は同日、自身の運営するブログ「MalwareTech」に掲載した声明で、2件の罪状を認めたことを確認した。声明では、「セキュリティの仕事に就く以前のマルウェア作成に関する2件の罪について罪状を認めた。私はそうした行為について反省し、自分の過ちの全責任を受け入れる。大人になった今、私は数年前に不正利用したのと同じスキルを、建設的な目的に使用している。今後もマルウェア攻撃から人々の安全を守ることに、自分の時間をささげる」と記している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -