ニュース
» 2019年05月20日 07時00分 公開

AIで膨大な文書からFAQの適切な回答を提示、NTT-ATが「MatchContactSolution」をバージョンアップ

NTT-ATは「MatchContactSolution」の最新版の販売を開始した。AIを活用して膨大な文書からピンポイントで回答を導けるマニュアル検索機能や、既存の応対履歴データを分析してFAQ作成を支援する機能などを新たに備えた。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は2019年5月16日、コンタクトセンターソリューション「MatchContactSolution」の最新版の販売を開始したと発表した。これは、コンタクトセンター関連業務を効率化するソフトウェア。膨大な文書からピンポイントで回答を導ける「マニュアル検索機能」や、既存の応対履歴データを分析してFAQ作成を支援する機能などを新たに備えた。価格は500万円(税別)から。

 最新版に実装されたマニュアル検索機能は、NTTグループのAI(人工知能)技術「corevo」を活用した。深層学習によって文書や表などの意味や構造を処理し、知識として蓄える。人手では読みきれないほどの膨大な文書を処理し、利用者の質問に対して適切な回答を提示するという。

マニュアル検索機能

 「あいまい検索」という検索方法も可能だ。利用者が知りたい内容を、利用者が入力した自然文の単語や文の意味から類似性を判定する。同義語や略語を理解し、入力された文章が標準的な表記と異なっていても検索できる。

あいまい検索

FAQに関して新たに追加された機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -