ニュース
» 2019年05月21日 11時15分 公開

NTTテクノクロス、個人情報の有効活用を支援する「匿名加工情報作成ソフトウェア」の新バージョンを発表

NTTテクノクロスは、個人情報を法令に従って適切に匿名加工情報に加工する「匿名加工情報作成ソフトウェア」の新バージョンを発表。履歴データの分析に有用な日付情報を維持する加工技法を追加した「スタンダード版」と、システム連携機能を強化した「エンタープライズ版」を提供する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTテクノクロスは2019年5月20日、企業などが独自のシステムで保有している個人情報を匿名加工情報に加工して利活用できるようにする「匿名加工情報作成ソフトウェア」の新バージョンの販売を開始すると発表した。

Photo 「匿名加工情報作成ソフトウェア」の利用イメージ

 価格(税別)は、5ユーザー当たりの年間サブスクリプションライセンスで、「スタンダード版」は60万円から。「エンタープライズ版」は180万円から。販売開始は、スタンダード版が5月27日、エンタープライズ版が8月中旬から。

Photo 「匿名加工情報作成ソフトウェア」の既存バージョンと新バージョンの比較(出典:NTTテクノクロス「匿名加工情報作成ソフトウェア」製品ページ

 匿名加工情報作成ソフトウェアは、個人情報から匿名加工情報への加工を支援するソフトウェアで、2018年7月に販売を開始した。データの特性や利用目的に応じて最適な加工方法の選択と加工結果を評価する環境を提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -