ニュース
» 2019年05月23日 11時30分 公開

人手不足でも“手間いらず”、IoTで建設機械の燃料低下を早期把握 燃料供給車が現場に急行――アクティオ、建機向け燃料給油サービスを開始

アクティオは、レンタルで提供する建設機械や発電機向けの「アクティオ燃料給油サービス」を2019年秋ごろから開始する。機械に取り付けたIoTデバイスで燃料の残量低下を早期に把握。燃料配送車が現場に赴き、燃料を給油する。現場は“手間いらず”で燃料給油サービスを受けられる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 総合建設機械レンタル業のアクティオは2019年5月22日、IoTを活用した建設機械の燃料給油サービス「アクティオ燃料給油サービス」を2019年秋ごろから開始すると発表した。

 同サービスは、建設機械や発電機などに取り付けたIoTデバイスから取得するデータを基に、燃料の残量低下を把握し、燃料配送車による現場での燃料供給サービスを提供する。

 燃料の残量低下時は、現場監督などに通知するとともに、アクティオにも通知。アクティオから燃料サプライヤーへの依頼で燃料配送車が現場に赴き、燃料の供給を行う。IoTデバイスから取得するデータはIoTプラットフォームで一括管理し、アラート機能やレポート作成などに活用する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -