ニュース
» 2019年06月10日 11時00分 公開

ブロッコリーの「出荷予測モデル」を構築 正確な出荷見込みで確実で有利な販売へ――NTTデータとJA香川県ら、開発・実証を開始

NTTデータとJSOLは、香川県農業協同組合(JA香川県)らと共同で、「農作物の出荷予測モデル」の構築に取り組む。出荷量を予測することで、生育調査などの時間を削減するとともに、経験の浅いJA担当者でも事前に出荷見込みを正確に把握できるようになる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTデータとJSOLは2019年6月6日、香川県農業協同組合(JA香川県)、生産者部会、香川県および市町村などと「香川県スマート農業技術推進連絡協議会」を設立したと発表した。

 同協議会では、NTTデータの営農支援プラットフォーム「あい作」を活用して、品種ごとの栽培記録、地域ごとの気象情報、出荷管理データなどを収集・分析し、「農作物の出荷予測モデル」の構築を目指す。

 地域全体の精度の高い出荷計画策定に向け、実証を進める方針で、まずは、香川県内のブロッコリーを対象に出荷量の予測モデルを構築し、順次県内の他品目にも展開を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -