ニュース
» 2019年02月22日 12時00分 公開

稲穂の育成をIoTで見守る:水田の水管理をセンサーで省力化 水位の変化をスマホで管理――飛騨市とKDDIが“スマート農業”の実証実験

飛騨市とKDDIは、水田の水管理を省力化するスマート農業システムの実証実験を2019年4月から開始する。水田に「水田センサー」と「自動水門装置」を設置し、水管理の省力化と作業負荷の軽減を図るとともに、米の生育ムラを解消して収穫量の向上や品質の安定化を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

Photo ICTを活用した飛騨市の地域活性化に関する協定を結んだ飛騨市の都竹淳也市長(左)と、KDDIの渡辺道治北陸総支社長兼中部総支社長(右)(写真出典:飛騨市 リリース

 岐阜県飛騨市とKDDIは2019年2月21日、ICTを活用した飛騨市の地域活性化に関する協定を締結したと発表した。協定による最初の取り組みとして、飛騨市の水田の水管理省力化を目的に、ICTを活用したスマート農業システムの実証実験を2019年4月から開始する。

 水田管理の実証実験では、水田にIoT向けのLPWA規格LTE-Mに対応した「水田センサー」を設置し、水位、水温、地温を自動で計測して、1時間に1回、クラウドに収集。計測データはスマートフォンなどで確認でき、水位データに異常を検知した際にはメールでアラート通知する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -