ニュース
» 2019年04月11日 07時00分 公開

田んぼ専用AI、水稲の生育状況や病害虫・雑草を診断へ――NTTデータが試行サービスを開始

NTTデータとNTTデータCCSは、AIと画像解析技術を活用した水稲の「生育診断ソリューション」と「病害虫・雑草診断ソリューション」を開発。営農管理ツール「あい作」のオプションとして、2019年4月1日から1年間の試行サービスを開始した。適切なタイミングでの施肥や病害虫・雑草の防除を支援する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTデータとNTTデータCCSは2019年4月9日、AIと画像解析技術を活用し、水稲の生育ステージを診断する「生育診断ソリューション」と、農作物に発生した病害虫・雑草の同定を行う「病害虫・雑草診断ソリューション」を開発したと発表した。2019年4月1日から2020年3月末までの1年間、営農支援プラットフォーム「あい作」のオプション機能として、両ソリューションの試行サービスを実施する。

 生育診断ソリューションは、スマートフォンなどで撮影した圃場(ほじょう)の画像から、AIが水稲の生育ステージを診断する。

Photo 「生育診断ソリューション」のイメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -