ニュース
» 2019年04月05日 11時00分 公開

青汁のキューサイ、ドローンで原料のケール畑を管理――収穫量の予測や病害虫の早期発見へ、NTTドコモと連携

青汁で知られるキューサイは、NTTドコモと共同で、ドローンを活用した“スマート農業”に乗り出す。ドローンで上空からケール畑を撮影し、画像データを解析して、生育状態の把握や収穫量の予測、病害虫の検知を行う。人手不足の解消やケール畑の管理効率化を図る。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 キューサイは、NTTドコモ九州支社とともに、ドローンを活用した農場管理を開始する。ドローンで上空からケール畑を撮影し、画像解析することで、生育状態の把握や収穫量の予測、病害虫の早期発見などを行う。

Photo

 キューサイは、「ケール青汁」の原料であるケールを、島根県にある自社グループ農場のキューサイファーム島根で栽培している。ケール畑の広さは、東京ドーム約6.6個分(約31ヘクタール)。安全、安心へのこだわりから、農薬や化学肥料を使用せず、収穫や病害虫のチェックなどは人の手で行っている。

 このケール畑をドローンで上空から定点観測撮影し、NTTドコモが開発した解析システムで撮影画像を解析して、収穫量の予測やケール株の病虫害被害の検知などを行う。

 画像解析では「NDVI(正規化植生指標)」データを構築することで、人の目では分からない変化も捉えることができる。NDVIは、植物の近赤外領域の波長の反射率を数値化したもので、植物の分布状況や活性度を測る指標となる他、昆虫の発生や、間伐などの災害による影響などの監視も可能になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -